精神科における最新の治療薬情報や僕の独り言を書いてます・・・


by k_m_c

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
独り言
治療薬情報
地域医療
書籍紹介
フルマラソンSub 3への道
フルマラソンSub 3:15への道
フルマラソンSub 3:30への道
フルマラソンSub 3:45への道
フルマラソンSub 4への道
大阪・神戸・奈良マラソンへの道
その他
講演会
学会報告
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

お気に入りブログ

リンク

ライフログ

検索

タグ

(147)
(145)
(107)
(29)
(25)
(13)
(12)
(10)
(9)
(8)
(7)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ラミクタールの効能効果追加承認

抗てんかん薬のラモトリギン(商品名:ラミクタール)の「双極性障害における気分エピソードの再発・再燃抑制」の効能・効果追加が厚生労働省の薬食審医薬品第一部会にて承認了承されたようです。
私自身は既にてんかんの患者さんにはラミクタールを30例の処方経験があります。
優れた抗てんかん作用に加え、眠気やふらつきなども少なく、良い薬剤と感じますが、さらにてんかん患者さんの気分安定効果も実感しております。
抗うつ薬が使いにくい、あるいは効果を示しにくい双極性障害のうつに効果を期待したいところですね。
あとこれまでの気分安定剤として使用されてきたリチウム(商品名:リーマス)やバルプロ酸(商品名:デパケン、セレニカなど)は催奇形性の問題も大きいため、そのリスクが少ないラモトリギンは妊娠を希望される女性への使用も期待されるのではないかと思います。
唯一注意すべきところとしては、薬疹、特に重症の薬疹(Stevens-Johnson症候群、中毒性表皮壊死症など)をまれに起こしうることがありますので、慎重な増量を要求されます。特にバルプロ酸との併用でそのリスクが高くなると報告されています。

またバルプロ酸との併用あるいはバルプロ酸からの切り替えの場合にはラモトリギンの半減期延長による血中濃度上昇に注意し、少量からの投与が必要となります。
(てんかんにおけるラミクタールの用法・用量の詳細についてはグラクソ・スミスクライン社のラミクタールインフォメーションというサイトをご参照下さい)
バルプロ酸を服用されているてんかん患者さんの場合はラモトリギンを上乗せ(併用)となるのですが、バルプロ酸を服用されている双極性障害の場合は基本的にはラモトリギンへの切り替えとなると思いますのでもう少しそのあたりをいろいろと勉強してみます。

てんかんの場合のバルプロ酸からラモトリギンへの置き換えについては下記文献が参考になると思います。
1.臨床精神薬理 14:623-624、2011
2.Epilepsy Behav. 6:63-70、2005
[PR]
by k_m_c | 2011-06-02 09:25 | 治療薬情報