精神科における最新の治療薬情報や僕の独り言を書いてます・・・


by k_m_c

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
独り言
治療薬情報
地域医療
書籍紹介
フルマラソンSub 3への道
フルマラソンSub 3:15への道
フルマラソンSub 3:30への道
フルマラソンSub 3:45への道
フルマラソンSub 4への道
大阪・神戸・奈良マラソンへの道
その他
講演会
学会報告
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

お気に入りブログ

リンク

ライフログ

検索

タグ

(147)
(145)
(107)
(29)
(25)
(13)
(12)
(10)
(9)
(8)
(7)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:独り言( 156 )

毎日新聞に掲載されました!?

掲載されたのは僕のことではないのですが・・・(^_^;)

c0105280_1329881.jpg

当院通院中のAさんが「毎日新聞に取材を受けて、掲載されました!」とコピーを持参されました。
新聞記事にはAさんが自らの闘病体験を芝居を通じて、多くの人に語り、力を与えておられていることなどを紹介していただいています。
これからも体調に気を配りながら、ボチボチ頑張って下さいね(^^)/

(*ご本人の許可を得て、投稿させていただきました。)
[PR]
by k_m_c | 2013-10-22 13:32 | 独り言

日本サイコオンコロジー学会市民公開講座へ行ってきました。



9月21日(土)の夕方より、大阪国際交流センターであった日本サイコオンコロジー学会市民公開講座へ行ってきました。
そこで精神科医の久保田亮先生が『 がん当事者の認知行動療法家が語る:がんに対する認知行動療法・その自己活用~受け容れ、向き合う姿勢が希望へと繋がる~』の演題でご講演されました。

実は久保田先生は僕が中学時代3年間通っていた伸学社(通称、入江塾)の2年先輩なんです。
その塾では先生方の授業だけではなく、先輩が後輩を指導する「後輩指導」というのも授業であったり、自習時間にも判らない問題などを先輩に教えていただいたりするのが慣わしでした。
その時にいつも優しく、楽しく教えていただいた久保田先輩はとても記憶に残っていた先輩の一人でした。

そんな久保田先輩が僕と同じ精神科医をされていてる(しかも大阪の阪本病院にご勤務)のは全く知らず、たまたま伸学社の同期の友人に「久保田先輩も精神科やで」と教えてもらい、たまたま今年の3月に東京であった講演会で偶然37年振りに再会しました。
c0105280_21455794.jpg

その時の写真です(^_^;)

先輩はご自身のブログ『ようこそ「ジョニー久保田のBlog」へ』に詳細を書かれておりますが、2010年11月に大腸癌、肝臓転移の診断をされ、現在も闘病中です。
しかし、その厳しい病状の中でも、社会貢献をと認知行動療法や薬物療法のご講演のみならず、病院での診療や研修医の指導、さらにはマジックや催眠のショーなど、多方面に活発に行動され、いつも前向きに前進なさっておられます。

僕は先輩に中学時代は英語や数学を教えていただきましたが、今は生き方を教えていただいております。
誰でもしんどい時、死にたいと思う時はあると思います。
そんな時、久保田先輩のご講演を聞くと、生きる力や勇気をいただくことができます。
今回のブログのトップにご講演の動画をアップしております。
是非是非ご覧下さい(^^)/
[PR]
by k_m_c | 2013-09-23 21:53 | 独り言

開院六周年

4月2日で開院六周年を迎えました。
ホントあっという間のように思います。

c0105280_18224171.jpg

クリニック開院後、毎年4月になるとAさんが花を持ってきてくれます。
彼とは大学病院勤務時からのお付き合いで、もう12年になります。

c0105280_18242178.jpg

今年はチューリップ、マッカーサー、ガーネットグローの3種類で、僕のイメージカラーがピンクとのことです(^_^;)
ありがとうございます!

c0105280_1822436.jpg

彼が開院時に持って来てくれたサボテンです。
確か2、3cmぐらいだったと思いますが、今は10cmぐらいになりました。
こんな感じで自分自身を含めて当院が少しずつ「ボチボチと」成長できればと思います。

今後も初心を忘れることなく、クリニックの理念である「思いやりのある温かで信頼される質の高い医療」をスタッフ一同力を合わせて提供してまいりたいと考えております。
今後とも、より一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by k_m_c | 2013-04-06 18:25 | 独り言

開院六周年

4月2日で開院六周年を迎えました。
ホントあっという間のように思います。

c0105280_18224171.jpg

クリニック開院後、毎年4月になるとAさんが花を持ってきてくれます。
彼とは大学病院勤務時からのお付き合いで、もう12年になります。


今年はチューリップ、マッカーサー、ガーネットブローの3種類で、僕のイメージカラーがピンクとのことです(^_^;)
ありがとうございます!

c0105280_1822436.jpg

彼が開院時に持って来てくれたサボテンです。
確か2、3cmぐらいだったと思いますが、今は10cmぐらいになりました。
こんな感じで自分自身を含めて当院が少しずつ成長できればと思います。

今後も初心を忘れることなく、クリニックの理念である「思いやりのある温かで信頼される質の高い医療」をスタッフ一同力を合わせて提供してまいりたいと考えております。
今後とも、より一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by k_m_c | 2013-04-06 18:23 | 独り言

山中伸弥先生、ノーベル医学生理学賞受賞!

『近いうちに・・・(^_^;)』とは思ってましたが、山中先生のノーベル医学生理学賞受賞が決定しました。
本当におめでとうございます!

そういえば二年前のブログにも書いてましたね。
http://kmentalcli.exblog.jp/15221999/
http://kmentalcli.exblog.jp/15500233/

毎日jpより引用させていただきます。
(前略)
《趣味はスポーツ。日課のランニングは最もほっとする時間という》

 昼休みに鴨川沿いを約30分、寝不足でも二日酔いでも。10月には約20年ぶりにフルマラソンを走ります。

 研究はマラソンに似ています。フルは4、5回走っていますが(過去にやった)柔道やラグビーとはちょっと違いました。勝ち負けだけじゃない。今私たちがやっている研究は海外の超一流大学との競争になっています。研究で負けるというのは論文発表で先を越されることなんですが、たとえそうなっても、あきらめず最後まで走り抜き、きちっと論文や特許を出していく。研究者にはそういう使命があります。



去年の大阪マラソンに続き、今年は京都マラソンでも走られていましたね。
京都マラソンではランナーストップがあり、それによる遅れを取り返そうと無理してしまった僕とは違い、ペース配分を守られ、ベストタイムだったと京都新聞にも書かれてました。

何事もあきらめず最後まで続けようとすることは大事と僕も思ってます。
[PR]
by k_m_c | 2012-10-08 20:46 | 独り言

ロンドンオリンピック男子マラソン

昨日は大阪精神科診療所協会の学術研究会で、前座講演として抗うつ薬の話を少ししてきました。

それはさておき、特別講演の藤田保健衛生大学医学部精神神経科学講座 教授 岩田仲生先生の『精神疾患の捉え方と治療戦略 -遺伝環境相互作用から考える-』の演題でのご講演はなかなか良かったです。
岩田教授には遺伝学のイロハから始まり、全ゲノム研究関連研究の現状として、カルバマゼピンの副作用であるStevens-Johnson症候群の日本人におけるHLA-A*3101との関連が見つかり、添付文書にも記載された話をされ、さらに「NOTCH4」という遺伝子の一塩基多型(SNP)によって統合失調症発症リスクが1.15倍と僅かだが高くなるという岩田教授らのグループによる最新の研究結果を解説されました。
しかし発症や病態生理を理解するには遺伝だけではなく、環境要因の影響を考えることが必要であり、今後「遺伝環境解析」が必要で、様々な環境におけるコホート研究を進めていくことの重要性を判りやすく解説されました。
最後には遺伝子の多様性が人種や疾患を人間に生じさせ、それが差別の対象になっており、人のつくる社会性が人の多様性と折り合いがつかない状況ができているとの現在の疾患や遺伝による偏見や差別などの問題についても言及され、「bio(生物学的)-psycho(心理的)-social(社会的)-ethical(倫理的)」とあらゆる面からも勉強になりました。

話はマラソンに変わりますが、今夜のオリンピックのフィナーレを飾る男子マラソンはケニア、エチオピア勢が優位であることは揺るぎないと思います。
昨日の岩田教授のご講演にあった遺伝環境相互作用という観点から見ますと、ここ数年のアフリカ勢の活躍はやっぱり持って生まれた遺伝子に、マラソンでビッグサクセスを得られるという環境が重なった結果と言えるかもしれません。

でも、個人的にはやっぱり日本代表には頑張ってほしいですね!
特に、藤原新選手には期待してます。
東京マラソンの時のように、序盤はペース維持し、じっくりと勝機をうかがって欲しいと思います!
あとは期待するのは白人最速の米国のライアン・ホール選手ですね。
前回の北京オリンピックでは実力発揮できませんでしたが、彼はいつも序盤から積極的なレース運びをします。
さて、19時の号砲が楽しみです!
[PR]
by k_m_c | 2012-08-12 17:42 | 独り言

にかわには信じ難い編集後記でした(-_-)

c0105280_23342935.jpg

とある先生からこのような編集後記が書かれていることを教えていただきました。
PRESIDENTという雑誌の2012年7月16日号で、編集長の編集後記に書かれていたものだそうです。
この雑誌の編集長は『にかわには信じ難い報道でした』なんて、書き出してますが、僕に言わせたら、『にかわには信じ難い編集後記でした』です。

皆さんどう思われますでしょうか?
[PR]
by k_m_c | 2012-07-11 23:34 | 独り言

金環日食

c0105280_7471355.jpg

診療前まで余裕ある時間だったので、クリニックを抜け出して見てきました。
ちょうど雲の合間に太陽があり、よく見れましたね(^o^)
スマホのカメラでは再現できてませんが・・・(^_^;)
[PR]
by k_m_c | 2012-05-21 07:47 | 独り言

昨日の京都の事故

何とも痛ましい限りです。
当院もてんかんの患者様が非常に多いこともあり、昨年4月の交通事故報道以降、てんかんの患者様全てに対して免許取得状況、運転状況などをアンケートや聞き取りを行い、運転可能な条件などを文書で説明し、適宜アドバイスをしております。
お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。

http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120413-OYO1T00198.htm?from=top
[PR]
by k_m_c | 2012-04-13 13:44 | 独り言

開院日

本日4月2日は当院の開院日です。
2007年に開院し、丸5年が経ちました。
あっという間だったような気がします。
一つの区切りとは思いますが、今後も初心を忘れることなく、クリニックの理念である「思いやりのある温かで信頼される質の高い医療」をスタッフ一同力を合わせて提供してまいりたいと考えております。
今後とも、より一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by k_m_c | 2012-04-02 07:31 | 独り言