精神科における最新の治療薬情報や僕の独り言を書いてます・・・


by k_m_c

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
独り言
治療薬情報
地域医療
書籍紹介
フルマラソンSub 3への道
フルマラソンSub 3:15への道
フルマラソンSub 3:30への道
フルマラソンSub 3:45への道
フルマラソンSub 4への道
大阪・神戸・奈良マラソンへの道
その他
講演会
学会報告
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 07月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

お気に入りブログ

リンク

ライフログ

検索

タグ

(148)
(146)
(108)
(29)
(25)
(13)
(12)
(10)
(9)
(8)
(7)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

三日目のまとめ

広島からの帰阪はスムーズでした。(笑)
今日は学会最終日で、朝から昼過ぎまで出席してました。
今日聞いてきた話の中で印象深かったもの、私の感想や意見などをまたまたちょこっと書いてみます。
1.認知機能とQOLを視野に入れた統合失調症の薬物療法(徳島大、大森Prof)
統合失調症における生活技能やQOL(生活の質)は陰性症状と気分が関係すること、認知機能については入院・外来を含めると陽性症状(幻覚、妄想など)が関係し、外来維持治療中では陰性症状(自発性低下、自閉など)と錐体外路症状(ふるえやこわばりなど)が関係するという教室で行われた研究データを示され、我々が最低限心がけることとして「精神症状を適切にコントロールし、薬物による過鎮静や錐体外路症状を避けること。維持期においては陰性症状と抑うつ症状にも十分配慮する治療原則」を説明されていました。
結局は抗精神病薬による治療は、如何にしてその患者さんに必要最低限の単剤治療を行っていくか・・・ということです。当たり前と言えば当たり前なんですが、果たしてわが国の現状は???

2.脳の機能と病理は生体でどこまで画像化できるか(放射線医学研究所、須原Dr)
抗精神病薬のドパミン受容体占拠率、抗うつ薬のセロトニントランスポーターへの結合率、アルツハイマー病のアミロイドイメージングによる早期発見、など多くのデータを示されており、臨床に繋がる素晴らしい研究をされておりました。
独立行政法人で仕分け対象になっていると話されておりましたが、こういう所に国はしっかりとお金を使っていただきたいと思います。

3.精神科臨床に脳波を活かす(福島県立医大、丹羽Prof)
脳波のいろはに始まり、基礎波形定量化の評価必要性、非定型的な精神症状における脳波異常や治療薬の選択など、とても参考となるお話でした。

4.てんかん診療と精神科-包括医療における精神科医の関与の必要性-(細川名誉Prof)
内容はタイトル通りの話ですが、大先輩のお話をこうしてうかがうのはとても参考になります。
引き続きてんかん診療に力を注いでいきたいと思っています。

今月は昨日までで80.4kmの走行で、月間100km初走破が見えてきました。
ただ帰宅して体重を計ると79キロ台まで増えてました・・・。
やっぱり朝のバイキングが3日も続くのはあきまへん・・・。
今日はランニングはなしですが、明日は脂肪燃焼のため15~20km走ろうと思ってます。
[PR]
by k_m_c | 2010-05-22 19:18 | 独り言

二日目のまとめ

今日も朝から夕方までびっしりと学会で勉強してまいりました。
昨日同様に今日聞いてきた話の中で印象深かったもの、私の感想や意見などをちょこっと書いてみます。
1.統合失調症の薬物療法:ドパミンD2受容体遮断はなぜ統合失調症の治療薬たりえるのか(東京女子医大、石郷岡Prof)
ドパミン亢進→視床のフィルター機能の異常→異常な気付きの亢進や注意の低下→ノイズの意味付けやストレスに対する耐性低下→精神病状態をもたらす。これに対して「適度な」遮断が必要ということを判りやすく説明されてました。
私はよく患者さんに「薬はストレスに弱い心を守るプロテクター」といった説明しております。プロテクターも必要最低限であることが大事で、必要以上に重すぎるプロテクター(つまり多剤大量処方)は患者さんにとっては足かせとなってしまいますよね。プロテクターの分厚さ(つまり投与量)の見極めは我々の大事な役割と思います。

2.地域生活中心の精神保健医療福祉のありかた-ACT(Assertive Community Treatment)を含む精神科医療の考え方(国立精神神経センター、伊藤Dr)
ACTについて判りやすく説明していただけました。非常に簡単に言いますと、ACTは重症の患者さんが地域で生活できるよう、そのニーズに応じて包括的な支援を行います。(24時間365日対応(オンコール体制)を原則)
今年3月の時点では日本で12ヶ所とのことです。以前クラブハウスが大阪にはないと話しましたが、ACTもまだ大阪にはないのは悲しいですね。

3.てんかん特異的な精神症状の新たな理解-国際分類(ILAE)案をめぐって-(東北大、松岡Prof)
並存する障害(不安、抑うつ、強迫など)、発作時の精神症状、発作の起こっていない時の精神症状などについて説明されてました。
てんかんの患者さんは単に発作と症状だけでなく、何らかの精神症状も持っておられることが多いです。それを含めて包括的(外科手術以外)に診ることができるのはやはり我々精神科医ではないでしょうか?

その他、急性精神病治療における診断概念と実践の懸隔というシンポジウム、双極性障害の診断と治療という教育講演も聴いてきました。
最後の「プレゼンテーション・スキルの向上を目指して」という若手Dr向けのセッションもプレゼンの下手な私にもとても勉強になりました。(笑)

締めのランニングですが、今日は平和記念公園から川沿いを走ってきました。
走行距離:7.3km
所要時間:57分44秒
消費カロリー:498kcal
でした。
[PR]
by k_m_c | 2010-05-21 22:28 | 独り言

今日のまとめ

今日聞いてきた話の中で印象深かったものや私の意見などちょっと書いてみます。
1.身体表現性障害の診断と治療(山口大、渡辺Prof)
身体化障害、疼痛性障害、心気症、身体醜形性障害、鑑別不能型身体表現性障害のそれぞれの基盤としてヒステリー性、強迫性、不安の要素がそれぞれの疾患によって占める割合が異なるという説明はなるほど・・・と思いました。
あと鑑別不能型身体表現性障害に対するSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の「抗こだわり効果」というのも普段実感いたします。ただ少量で約1週間という短期で効果が出るとのことですが・・・。

2.てんかん医療にとって精神科医は必要か?精神科医にとっててんかん診療技術は必要か?(愛知医大、兼本Prof)
てんかん医療において精神科的アプローチが重要であると言われ、てんかん診療におけるポイントを判りやすく説明されてました。
てんかんは診ないという若手精神科医が多いように思います。
てんかんという病気を持った心理的問題、服薬アドヒアランスの問題、妊娠や就労の問題などは精神科医だからこそより深く対応できるのではないかと思います。
私自身は引き続きてんかん診療はより力を入れていきたいと思っています。

3.統合失調症の認知機能障害に対する心理社会的アプローチ(鳥取大、中込Prof)
NEAR(Neuropsyhological Educational Approach to Cognitive Remediation)というコンピュータソフトを使ったトレーニングとミーティングを組み合わせたリハビリを紹介されていました。
確かに新しい抗精神病薬は認知機能への良い効果もありますが、患者さんによっては決して満足できるものではないこともあります。
現在認知機能改善効果を期待できる薬としてはα7ニコチン酸受容体作動薬、NMDA受容体作動薬、Ach-E阻害薬などの開発も進んでいますが、リハビリテーションももっと進んで欲しいと思います。

あと今日のランニング結果は携帯電話のGPS機能を利用した「Run&Walk」というアプリケーションで計測しました。
走行距離:8.1km
所要時間:63分08秒
消費カロリー:574kcal
でした。
消費カロリーが出るのが面白いです。
しかし晩御飯はバイキングでカロリー摂取が大幅にオーバーでしたが・・・(笑)
[PR]
by k_m_c | 2010-05-20 22:38 | 独り言

1日目終了

c0105280_17351950.jpg

今から平和記念公園周辺でランニングしてきます。
[PR]
by k_m_c | 2010-05-20 17:35 | 独り言

日本精神神経学会

c0105280_8372314.jpg

おはようございます。先ほど会場に着きました。今日から土曜日の午前中いっぱいまでいろいろと勉強してきます。
[PR]
by k_m_c | 2010-05-20 08:37 | 独り言

広島駅

やっと到着しました(^_^;)
[PR]
by k_m_c | 2010-05-20 00:36 | 独り言

初体験?

c0105280_22514374.jpg

新幹線で初めて幽閉中です。新大阪出て一時間経ちましたがまだ新神戸にも着いてません。幸い電灯と空調が生きてるので読書が進みますが・・・
[PR]
by k_m_c | 2010-05-19 22:51 | 独り言

出発

c0105280_2149171.jpg

広島での精神神経学会に向けて、只今新幹線に乗りました。なかなか読む時間なかったマイケルJフォックスの『ラッキーマン』を晩御飯のお弁当食べながら読もうと思ってます。彼の『いつも上を向いて』も買ってるのですがなかなか読めてません。
学会出席のため金曜日、土曜日と休診させていただき、ご迷惑おかけします。
[PR]
by k_m_c | 2010-05-19 21:49 | 独り言

本日のランニング

GW明けで診療がかなり多くなっていることもあり、今日は無理せず10kmにしました。
ただし少し頑張ってペースを上げて走りました。
これまでの10km走のベストを少し更新して、66分10秒でした。
前に比べると足が出やすくなったと思います。
GWの走りこみで下肢の筋力がアップしたこと、ストレッチで股関節などの柔軟性がでてきたこと、体重が減ってきたことなどが良い効果をもたらしていると思います。
現在体重は77.3kgです。
さらに体重が減ってくれば、10km1時間以内も可能のように思えてきました。
[PR]
by k_m_c | 2010-05-09 19:15 | 大阪・神戸・奈良マラソンへの道

GWランニング4日目

予定通り今日も10km走ってきました。
立てた目標を達成すると嬉しいものです。
最初の3kmは足が動かなかったのですが、ランニングフォームに気をつけて、いつも以上に丁寧に走ってみました。
すると足も動くようになり、ペースも自然と上がりました。
結局1時間12分48秒で走り、2日目と3日目より早く走れたのも嬉しかったですね。
明日はランニングは休みます。
日曜は15kmにするか、20kmにするかまた体調と相談して決めたいと思います。
[PR]
by k_m_c | 2010-05-05 21:43 | 大阪・神戸・奈良マラソンへの道