精神科における最新の治療薬情報や僕の独り言を書いてます・・・


by k_m_c

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
独り言
治療薬情報
地域医療
書籍紹介
フルマラソンSub 3への道
フルマラソンSub 3:15への道
フルマラソンSub 3:30への道
フルマラソンSub 3:45への道
フルマラソンSub 4への道
大阪・神戸・奈良マラソンへの道
その他
講演会
学会報告
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

お気に入りブログ

リンク

ライフログ

検索

タグ

(147)
(145)
(107)
(29)
(25)
(13)
(12)
(10)
(9)
(8)
(7)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

研修会で話をしてきました

今日は休みですが、午後から大阪市保健福祉センターの精神保健福祉相談員の方々のブロック別研修会に呼ばれまして、「統合失調症の最近の薬物療法について」というタイトルで話をしてきました。

1.統合失調症薬物療法の基礎的知識および最近の考え方
2.抗精神病薬の歴史と第二世代抗精神病薬への期待と課題
3.多剤・大量投与の問題
4.アドヒアランスの重要性
5.非定型抗精神病薬の長時間作用型注射製剤への期待
などのテーマについて話をしました。

その後は保健福祉相談員の方の事例検討もあり、怠薬により悪化し、治療を拒否されている方の対応でした。
薬が多かったというのも怠薬の原因の一つであったようです。
患者さんに服薬継続していただくためには、適切な薬物療法と良好な治療関係により服薬アドヒアランスを高めることが重要です。
それでもついつい服薬を忘れてしまわれ悪化されるケースも時々あり、服薬継続はなかなか難しい問題ですが、粘り強くやっていきたいと思います。
[PR]
by k_m_c | 2010-09-30 18:26 | 独り言

日本臨床精神神経薬理学会二日目

めっちゃ遅なりました・・・・
二日目は雨の中ランニングをして、朝一から夕方のポスターセッションまで出席してきました。
いろんな講演、セミナー、ポスター発表などで勉強をさせていただきましたが、私的に二日目の一番はニューロサイエンス(神経科学)の超ビッグネームの中西重忠先生(大阪バイオサイエンス研究所)の「基底核神経回路の情報処理と制御」でした。
中西先生は私がうだつの上がらない神経科学研究者を長年やっていた頃からよく知っておりましたが、久しぶりにお話をうかがいました。

簡単にまとめますと・・・
・基底核とは大脳の中心部にあり、線条体(被殻、尾状核)、黒質、淡蒼球、扁桃核などからなり、運動調節機能と認知機能として報酬行動(好ましいものを求める)、忌避行動(不快なものを避ける)、報酬か忌避か選択する機能、さらに習慣化(報酬が継続的に得られた時の自律的な行動)と報酬と忌避の行動を支配する部位である。
・大脳基底核機能において、運動面が障害されるとパーキンソン病が発病し、認知面が障害されると薬物依存症が発症する。
・正常マウスと側坐核(腹側線条体に含まれる)アセチルコリン産生細胞を除去したトランスジェニックマウスにコカイン(ドーパミンの取り込み阻害によるドーパミン上昇)、モルヒネ(ドーパミンの放出を高める)を投与し、さらにその前処置としてアセチルコリン分解酵素阻害薬(ドネペジル=アルツハイマー病治療薬の「アリセプト」)したりするという実験を行った。結果としてはのアセチルコリン細胞を除くとコカイン、モルヒネに対しての感受性が顕著に高まり、逆にアセチルコリン分解酵素阻害剤ドネペジル投与によってアセチルコリンを上昇させると薬物依存症が顕著に抑えられること、さらに予め側坐核のアセチルコリンの産生細胞を除いておくとドネペジルの抑制作用が消失することが判った。よって側座核に局在するアセチルコリンが運動制御のみならず薬物依存症にみられる神経の可逆性にも重要な役割を果たしていることを示された。

この発表を聞きまして、「薬物依存の止められない人がアリセプトを服用するとどうなんやろか?」と興味を持ちました。

折しも当日帰宅してテレビを見てますとコカイン所持で逮捕された元歌手の何とも言えない姿が放映されていました。
彼もカムバックした時は「もう二度と薬物には手を出さない」と言っていたはずです。でも逮捕されたの何度目になるのでしょうか?
このように薬物使用により大脳基底核機能が損なわれてしまうと、逮捕されて社会的地位を失うリスクを考えて忌避するより、薬物によって得られる快感という報酬を選んでしまうことを繰り返します。
薬物というのはこのように脳の機能を変化させてしまいます。
その恐ろしさをこれからの若い世代の人に是非知ってもらいたいと思います。


先日ある患者さんが池上彰氏の本を読んだということ話されており、以前より興味を持っていた私も早速2冊(「わかりやすく〈伝える〉技術 講談社」、「相手に「伝わる」話し方 講談社 」)読んでみました。
なかなか難しい話を判りやすく説明するのは難しいですよね。
いつも患者さんに「先生のブログは難しい・・・」と言われちゃいます。
これからも精進したいと思います。

さて今夜は大学医局の集まりで2名の先生のお話を聞いて勉強してきます。
[PR]
by k_m_c | 2010-09-25 16:45 | 学会報告

ハーブティー

c0105280_19463891.jpg

今日受診されたAさんにいただきました。今日は昼休みも全くなく空腹ですが、先程診療が終わり、ハーブティーでリラックスしてます。とてもさっぱりした感じでリフレッシュできました。ありがとうございました!
[PR]
by k_m_c | 2010-09-22 19:46 | 独り言

学会二日目

今日は小雨の中7キロ、50分走ってきました。学会は明日までですが夜の飛行機で帰阪します。残り一日がっつり勉強してきます!
[PR]
by k_m_c | 2010-09-16 08:35 | 独り言

c0105280_685993.jpg

少し雨降ってますが軽く走ってきます!
[PR]
by k_m_c | 2010-09-16 06:08 | 独り言

日本臨床精神神経薬理学会一日目

今日は9時から19時半過ぎまでびっしり学会参加しました。
聞いた講演や発表の中で勉強になったこと、患者さんに役立ちそうなこと、自分のコメントなどをチョコッとですが書いてみます。

1.「Recognition and Treatment of Depression in Schizophrenia(統合失調症のうつを認識し、治療する)」(カルガリー大、Donald Addington先生)
若い頃にAddington先生の研究仲間が自殺されたことなども話されておりました。
そういった経緯もあり、自殺やうつに関心を強く持たれ、CDSS(The Calgary Depression Scale for Schizophrenia)を開発されたそうです。
統合失調症の患者さんの自殺率は10%とも言われます。
それを如何にして減らすかというのは大きな課題です。
日本語訳(←このサイトのJapaneseのところをクリック)も出ており、私も診療に利用しようと思います。

3つの鍵となる質問として、「この二週間の気分はどうでしたか?」、「将来についてどう思いますか?」、「自分の人生に生きる価値がないと思ったりしませんでしたか?」を挙げておられました。
そういう気分になられることもあると思いますが、何とか支えてあげればと思います。

2.「Drug treatments for cognitive impairment in schizophrenia(統合失調症の認知機能障害への薬物治療)」(UCLA大、Michael F. Green先生)
既存の薬剤ではエビリファイがジプレキサより言語学習機能において勝っているとのデータを示されていました。
認知機能障害改善薬開発状況も話されていましたが、まだなかなかこれといった薬剤は出てこないようです。
したがって今できることとしては、多剤併用により二次的な認知機能障害をもたらさないような処方を引き続き心がけたいと思います。

3.午後からの口演発表ではリスパダールコンスタ(持効性注射製剤)に関する演題が4つありました。
まとめますと、リスパダールコンスタを使用することで、
・認知機能障害の改善があった
・多剤大量用法から単剤化や大幅な減薬ができた
・服薬の煩わしさから解放された
・家族が患者の服薬に干渉や詮索(高い感情表出)する必要がなくなったことで、高かった感情表出が低くなり、家族関係が改善し患者へのストレスが減った
という報告でした。
私も4人の方に処方していますが、同感であります。
ただし薬価が非常に高いなぁ・・・と思います。
あと抗てんかん薬でこのような持効性注射製剤があれば・・・といつも思います。

4.「抗うつ薬の選択と社会復帰」(産業医大、中村純先生)
中村教授のお話は先生方のグループでされているモノアミンの代謝産物(MHPGやHVA)を測定が抗うつ薬選択の一助となること、どの抗うつ薬も効果・反応があるとBDNF(脳由来神経栄養因子)が増加することなどで多くが以前も拝聴したことの話でしたが、こういった生物学的な裏付けはとても大事だと思いますし、何度聞いても勉強になります。
あと、うつは日頃からの予防に心がけることが大切であり、「疲れたら休む」、「リラックスする方法を持つ」、「良好な人間関係」とまとめておられました。
全く同感であります。
あと私の提案としては「生活リズムの維持」、「適度な運動を規則的にする」であります。

さて私も疲れたので風呂に入ってリラックスします。宿泊しているホテルは最上階が大きなお風呂で気持ち良いのです!
そして明日も晴れていたら、学会参加前にランニングします。
[PR]
by k_m_c | 2010-09-15 22:12 | 学会報告

一日目終了

今本日のプログラム終わりました。帰りもウォーキングの予定でしたが雨降ってるのでタクシーで戻ります。
[PR]
by k_m_c | 2010-09-15 19:40 | 独り言

学会一日目

c0105280_833399.jpg

今日はゆっくり4キロ、30分走ってきました。さらに朝食後ウォーキングで学会会場まで来ました。とても爽快な気分です。今日は夜7時半までがっつり勉強してきます!
[PR]
by k_m_c | 2010-09-15 08:33 | 独り言

朝ランの後は

c0105280_814373.jpg

学会会場へ向かって、青葉通りをウォーキング中です。
[PR]
by k_m_c | 2010-09-15 08:14 | 独り言

朝ラン

c0105280_682928.jpg

学会へ行く前に軽く走ってきます!こちらは結構肌寒いです。
[PR]
by k_m_c | 2010-09-15 06:08 | 独り言