精神科における最新の治療薬情報や僕の独り言を書いてます・・・


by k_m_c

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
独り言
治療薬情報
地域医療
書籍紹介
フルマラソンSub 3への道
フルマラソンSub 3:15への道
フルマラソンSub 3:30への道
フルマラソンSub 3:45への道
フルマラソンSub 4への道
大阪・神戸・奈良マラソンへの道
その他
講演会
学会報告
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 07月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

お気に入りブログ

リンク

ライフログ

検索

タグ

(148)
(146)
(108)
(29)
(25)
(13)
(12)
(10)
(9)
(8)
(7)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ランニング増量計画!

c0105280_17303762.jpg

12月のマラソン初出場に向けて、休日だけではなかなか距離延びないので、今日から火曜日と土曜日の帰宅時に走って帰ることにしました(^^)/
あっ、来年の京都マラソンにも一応エントリーかけましたよ。まあ、抽選どうなるか判りませんが(^O^)
[PR]
by k_m_c | 2011-08-30 17:30 | 大阪・神戸・奈良マラソンへの道

大阪精神科診療所協会学術研究会

昨日は午後からすごい豪雨でしたね。
夜からは所属させていただいている大阪精神科診療所協会の学術研究会で帝京大学医学部メンタルヘルス科教授池渕恵美先生の「外来医療の中でリカバリーを目指す」というご講演の前座にて拙い話を少しさせていただきました。
演題は「当院でのAripiprazole使用状況についての経験 ~特に治療有効性と継続率の観点から~」でした。

エビリファイ(一般名:Aripiprazole)はドパミンシステムスタビライザー(あるいはドパミンパーシャルアゴニスト(部分作動薬))として「ドパミンを遮断しすぎない」というところが他の多くのドパミンアンタゴニスト(拮抗薬)と異なり、一般的には過鎮静、薬剤性陰性症状、錐体外路症状、高プロラクチン血症などを引き起こしにくいという長所があると思います。
ただし切り換え時に症状が悪化したりすることがやや多かったり、不穏や興奮の強い患者さんには難しいのでは?という意見も多かったのも事実です。
実際に私も2006年6月にエビリファイが発売され、約一年半は私も試行錯誤した時期がありました。
その経験や文献をあれこれと読んで勉強もして、何とか今はそれなりに(?)使えるようにはなったように感じています。
講演の内容をごく一部アップしてみます。

c0105280_9215418.png

このスライドに示しましたようにエビリファイは半減期が非常に長いのが特徴です。
薬剤が定常状態(血中濃度の安定した状態)となるのに「半減期の4~5倍」とされます。
ということは「62X5÷24=12.9」となり、約二週間かかるわけです。
添付文書にも「アリピプラゾールの血漿中濃度は投与14日までに定常状態に到達し、」と書かれており、言い換えますと「定常状態には14日ぐらいかかる」ということです。
これを我々が十分に理解した上で処方し、患者さんにも十分に説明する必要があると思います。

で、処方のコツをまとめてみました。
他院で治療を受けておられる患者さんにも参考にしていただければと思います。
c0105280_9231127.png


メインの池渕教授の講演も非常に参考になりました。
多くの示唆的なお言葉をいただきましたが、特に心に残ったものを書いてみます。
・タイムリーな支援
・希望と生活目標
・長い目での関わり


以前、中井久夫先生の「希望を処方」という言葉も書きましたが、どんな時も「希望を処方」できるようにしたいものです。

これらを肝に銘じて、引き続き統合失調症治療を長く続けていこうと思います。
[PR]
by k_m_c | 2011-08-28 09:30 | 地域医療

今週のランニング

木曜と今日それぞれ10km走りました。
今日は雨の中でしたが、涼しくて走りやすかったです!
木曜は74分9秒でしたが、今日70分38秒でした。
次は木曜は他用で走れずで、日曜に15kmぐらい走ろうかと思ってます。
[PR]
by k_m_c | 2011-08-21 23:15 | 大阪・神戸・奈良マラソンへの道

レクサプロ(escitalopram)講演会まとめ

昨日は夕方から22日(月)より処方可能となる新規抗うつ薬のエスシタロプラム(商品名:レクサプロ)の講演会を聴きに行ってきました。

慶応大学医学部精神・神経科学教室の渡邊衡一郎先生、日本医科大学千葉北総病院メンタルヘルス科の木村真人先生のご講演でした。
概ね臨床精神薬理8月号の特集と概ね同様の内容でしたが、両先生のご講演を簡単にまとめますと、
(いつものようにネタ帳への走り書きのまとめですが・・・、汗)

<エスシタロプラムの薬理学的機序>
・セロトニン再取り込み阻害作用の選択性が他のセロトニン再取り込み阻害薬より高い。
・セロトニントランスポーターの主要部位のみならず、アロステリック部位にも作用することで、主要部位への結合を延長し、より安定した再取り込み阻害効果(つまり脳内セロトニン濃度の上昇)が期待される。

<エスシタロプラムの長所>
・効果と忍容性(副作用の少なさ)のバランスが良い。
・開始用量の10mgで効果が期待でき、用量増量も20mgまでで使用法がシンプルで、1日1回の服薬でもあり患者さんの服薬しやすさ(アドヒアランス)にも有効。
・単剤使用でも作用機序の異なる抗うつ薬の組み合わせと同等の効果が期待でき、副作用も少ない。
・脳内移行性が高いこと。
・血中半減期も約30時間と長めであるが、さらに脳内セロトニントランスポーター占拠率半減期も約130時間と非常に長いことが、効果の高さと中断症状の少なさに繋がっていること。
・他の薬剤との相互作用の影響が少ない。

<エスシタロプラムの短所>
・心電図で若干QTc延長がある(プラセボより有意に延長しているが、いくつかの統合失調症治療薬に比べると同等ないしそれ以下)こと。特に肝障害のある患者さんでは注意。
・肝臓の代謝酵素のCYP2C19で代謝されるが、この酵素欠損者では代謝が遅延し、血中濃度が上がり、上記のQTc延長をもたらす可能性があること。

と以上のような感じでした。

個人的な意見としては、
純粋なSSRIとして有効性と忍容性のバランスが優れている薬剤として非常に期待しております。
以前ブログにも書きましたようにMANGA Studyでも効果と忍容性のバランスの良さは実証されております。
ただし、CYP2C19欠損者はcaucasian(西欧人)では3-5%と少ないのですが、asian(アジア人)では15-20%とやや多いので我が国での使用の際には心電図検査などを慎重に行っていくことも必要ではないかとも考えております。
(CPY2C19のタイピング検査やエスシタロプラムの血中濃度測定は保険診療ではできません)
[PR]
by k_m_c | 2011-08-21 23:08 | 治療薬情報

臨床・政治・経済?

c0105280_16445573.jpg


昨日1日だけお盆休みをいただきました。
お盆は例年のように家内の実家にお世話になり、美味しい海の幸と読書三昧でした。
読んだ本のことを簡単に書いてみます。

臨床では「臨床精神薬理 2011年8月号」です。
今月22日から使用可能となる新規抗うつ薬のエスシタロプラム(商品名:レクサプロ)についての特集もあり、非常に勉強になりました。このエスシタロプラムはMANGAスタディでも効果と忍容性(副作用の少なさ)のバランスが良い薬剤であることが示されています。20日には講演会も行って、話を聞いてきます。

政治では「日本中枢の崩壊 古賀茂明著、講談社」です。
時々テレビでもお目にかかりますが、本当に日本のために動こうとされている方です。
御自身が大病をなさっておられるにも関わらずです。
こういった方をずっと干しておいているのは我が国の大きな損失と思います。
詳しくは是非ご一読を!(例によって待合に置いておきます)

経済では「2012年日本経済は大崩壊する 朝倉慶著、幻冬舎」です。
これまで経済については全く無頓着でしたが、昨年ぐらいからいろんな本(辛坊治郎氏、藤巻健史氏など)を読んで少し勉強しています。
借金に借金を重ねるのはどこの国も同じようなんですが、米国よりも我が国の破綻の方が先のような気がします。(こちらも待合に置いておきます)
[PR]
by k_m_c | 2011-08-16 16:44 | 独り言

今日は9km走りました

先日の日曜は8kmで撤収しましたが、今日は1km延ばして9km走りました。
今日は7分半ペースを維持して、66分52秒でした。
次は10kmの予定です。
しかし体重は減りませんねぇ・・・(苦笑)
[PR]
by k_m_c | 2011-08-11 22:10 | 大阪・神戸・奈良マラソンへの道

今日は5km過ぎで失速・・・

今日も1km7分半ペースで12kmの予定でランニングしてきましたが、8kmで中止しました。
体が重い割に1~5kmは7分ペースで走れていたのが災いしてか、5km過ぎで急に失速しました。
何とか8kmまで7分半ちょいのペースで粘り、無理せず撤収しました。
結局、8kmを58分58秒でした。

ランニングから帰ってきたら、市大医学部のラグビー部の後輩達の西医体の試合結果がメールで来ていました。
惜しくも準々決勝での敗退でしたが、後半はかなり優勢だったようです。
とにかく精一杯やった結果と思います。お疲れ様でした。

自分も23年前までは毎年くそ暑い中でよく走り、よくスクラムを組んでたもんだなと懐かしく思います。
あの時の頑張りは今も活きているように思います。
良き先輩、同期、後輩に恵まれたことも、ありがたいことです。
[PR]
by k_m_c | 2011-08-07 20:42 | 大阪・神戸・奈良マラソンへの道

ランニングフォームについて

マラソン出場経験もなく、ランニングに関しては全く素人の私がランニングフォームについて書くのもどうかと思いますが、私の実体験に基づいて書いてみます。
「健康おおさか21」の「運動・身体活動マニュアル」のランニングのところに書かれている「着地はかかと→足裏全体→つま先へ」というのは個人的にはちょっとお勧めしかねるところもあります。
私も最初はいろんな書物に書かれているように「着地はかかと→足裏全体→つま先へ」でしたが、走る速度を上げたり、距離が長くなると膝痛が時々ありました。
ランニングの後はアイシングしたり、湿布貼ったりを度々してました。
踵着地を意識しすぎことで結果的にブレーキをかけてしまうことになりますし、膝関節周辺に負担が集中するように思います。
それで今年からはフォアフットランニングへフォームを変え、春先からはシューズも変えました
すると以前より前に出る感じがありますし、ランニング後の膝痛から解放され、アイシングや湿布も全くしてません。
[PR]
by k_m_c | 2011-08-04 23:09 | 大阪・神戸・奈良マラソンへの道

「休養・睡眠」、「運動」、「栄養」

今日は午後から産業医講習会で大阪労災病院まで行ってきました。
大阪大学の三上先生が睡眠に関するお話をされていました。
精神科医の私にとって特に目新しい話はありませんでしたが、当然のこととして心身の健康には「休養・睡眠」、「運動」、「栄養」のバランスが大事ということです。
ただこの当たり前が当たり前にできないのが難しいところですが・・・。
ちなみに今日の私はいつものと変わらず早くから起きてました。
ただ昨日の診療では昼休憩が全くなく、丸半日ぶっ通しで診療していた疲れが出ていたようでランニングはお休みしました。
午後から産業医講習会へ行った以外は食べて、寝てで、ちょっと栄養過多でした。
「休養・睡眠」=150、「運動」=0、「栄養」=120ぐらいでしょうか?
まあ、たまにはこういう休日もあって良いでしょう。

「健康おおさか21」で検索してみて下さい。
いろいろと役に立つ情報も書かれてます。
[PR]
by k_m_c | 2011-08-04 23:00 | 独り言