人気ブログランキング | 話題のタグを見る


精神科における最新の治療薬情報や僕の独り言を書いてます・・・


by k_m_c

カテゴリ

全体
独り言
治療薬情報
地域医療
書籍紹介
フルマラソンSub 3への道
フルマラソンSub 3:15への道
フルマラソンSub 3:30への道
フルマラソンSub 3:45への道
フルマラソンSub 4への道
大阪・神戸・奈良マラソンへの道
その他
講演会
学会報告
未分類

以前の記事

2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 04月
2021年 09月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 03月
2018年 11月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 02月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

お気に入りブログ

リンク

ライフログ

検索

タグ

(151)
(149)
(112)
(34)
(27)
(19)
(12)
(10)
(9)
(8)
(7)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

今夜はPeuskens教授の座談会に参加してきました。

今夜はベルギーのカソリック大学精神科のPeuskens教授の座談会に参加してきました。
タイトルは「Long-term continuous optimal treatment leading to improved patient outcomes」で、日本語で言いますと「患者さんのより良い予後に繋がる長期継続的な最善の治療について」という感じでしょうか?
多くのデータを示していただき、とてもわかり易く説明していただけました。
講演の流れとしては、
統合失調症治療の発症後初期(Critical Period)において、いかに再燃・再発を防ぐことが長期予後改善に繋がる。

再燃・再発の多くが服薬アドヒアランスに問題がある。

しかし服薬アドヒアランスを高めるのは簡単なことではない。(医師は患者さんのアドヒアランスを良いように過剰評価する傾向があること。また患者さんもキチンと薬を飲んでいるつもりでも、実際の服薬率はそれ程良くないことなどのデータも示されていました。)

長期間作用型(持効性)の抗精神病薬注射製剤は治療アドヒアランスを高めるのに有効であり、治療中断率や再発率が低い。

中でもまだ日本では発売されていない新規抗精神病薬の持効性注射製剤は効果が優れており、錐体外路症状などの副作用も少なく、患者さんの満足度も高いこと。
などを説明されました。

20年前に私が始めて担当した統合失調症の患者さんはアドヒアランス(当時はコンプライアンスと言ってました)に問題があり、外来治療では良くない状態が続いており入院された患者さんでした。その患者さんに持効性定型抗精神病薬注射製剤(当時は経口薬も定型薬しかなかった時代です)を使用し、退院後も良い状態で長期間維持できた経験があります。
そういった経験もあり、私としては新規抗精神病薬の持効性注射製剤を日本でも使用できる日を心待ちにしています。
by k_m_c | 2008-09-27 23:02 | 治療薬情報