人気ブログランキング |


精神科における最新の治療薬情報や僕の独り言を書いてます・・・


by k_m_c

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
独り言
治療薬情報
地域医療
書籍紹介
フルマラソンSub 3への道
フルマラソンSub 3:15への道
フルマラソンSub 3:30への道
フルマラソンSub 3:45への道
フルマラソンSub 4への道
大阪・神戸・奈良マラソンへの道
その他
講演会
学会報告
未分類

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 03月
2018年 11月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 02月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

お気に入りブログ

リンク

ライフログ

検索

タグ

(150)
(148)
(110)
(30)
(27)
(16)
(12)
(10)
(9)
(8)
(7)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:治療薬情報( 40 )

リタリン問題

社会問題となっているリタリンですが、昨日ノバルティスファーマ社は「難治性うつ病」、「遷延性うつ病」の効能取り下げ申請をし、同日厚労省はその適応削除を決定しました。

今更その原因を作った方々に文句言っても仕方ないと思いますが、数は少ないかも知れないけど、本当にリタリンをうつ病の治療薬として必要とされている患者さんはどうなるのでしょうか?
来週あたりに製薬会社の担当者さんに話だけでも聞いてみようと思ってます。
by k_m_c | 2007-10-18 20:38 | 治療薬情報

KMC通信7月号

何とか7月中にできました・・・(汗)
今回は抗うつ薬に関する最近よく出てくる話題です。
ご覧頂けましたら幸いです。
by k_m_c | 2007-07-26 10:17 | 治療薬情報

東京出張

c0105280_17465865.jpg

昨日の診療終了後、一泊二日で東京出張してまいりました。ただ今帰りの新幹線です。
今回の出張は今後クリニックで予定している治験(臨床試験)の概略説明と評価者トレーニングなどの会への参加でした。
特にうつ病評価スケール(二種類)、躁病評価スケール、薬剤性錐体外路症状評価スケールのビデオを用いたトレーニングはとても内容の濃いものでした。
精神科領域での評価は身体科のように検査所見では得られません。また症状評価尺度を用いても評価者間のばらつきがあるとよくないので、このような講習を行い評価者各々の精度を高め、評価者間のばらつきをキャリブレーション(補正)する必要があります。
評価スケールは単に治験だけでなく、日常診療においても患者さんの症状を客観的にとらえるためにも有用と考えます。これまでも臨床精神神経薬理学会や精神神経学会などの評価尺度の講習会には積極的に参加してきましたが、今後もさらに研鑽していきたいと思います。
by k_m_c | 2007-07-08 17:46 | 治療薬情報

KMC通信7月号の予告

こんにちは。
今日は7月の割に過ごしやすい日ですね。
そろそろKMC通信7月号を書こうと思ってます。
6月号の最後に予告してましたが、7月号は「抗うつ薬を服用される際に気をつけていただきたいことやその副作用などについて」書いてみます。
6月下旬にはこんなニュース()が出てました。
この自殺関連行動はActivation Syndrome(賦活症候群)と呼ばれるものに入ります。
このあたりも含めてKMC通信7月号で解説してみたいと思います。
by k_m_c | 2007-07-02 14:34 | 治療薬情報

神戸講演会 -その2-

おはようございます。
梅雨はどうなってしまったのでしょうか?って感じですね。
遅くなりましたが先日の講演会の内容紹介の続きをアップしてみたいと思います。
『千葉大精神科統合失調症治療手順2007年度版について-アルゴリズムはユーザーとユーザーを支える人たちの役に立つのだろうか?- 渡邉博幸先生(千葉大)』の解説です。
(*講演を聴きながらのスライドメモなので、多少写し間違いなどがありうることをご了承下さい)

More
by k_m_c | 2007-06-29 08:28 | 治療薬情報

神戸講演会-その1-

こんばんは。
今日は昨日とは違っていいお天気で、暑かったですね。
昨日の日曜は神戸へ講演会を聞きに行ってきました。
その内容をできるだけ判りやすく紹介してみたいと思います。(少し長文になりますが・・・)

1.『病態進行の抑制にむけて:抗精神病薬の神経新生・神経保護効果から新たな治療アプローチを考える』(橋本恵理先生、札幌医大)
2.『千葉大精神科統合失調症治療手順2007年度版について-アルゴリズムはユーザーとユーザーを支える人たちの役に立つのだろうか?-』(渡邉博幸先生、千葉大)

今日は1の内容について解説してみたいと思います。

More
by k_m_c | 2007-06-25 22:12 | 治療薬情報

KMC通信6月号

またまた遅くなってしまいました。
ご覧頂けましたら幸いです
by k_m_c | 2007-06-15 22:33 | 治療薬情報

研究会その二

今日は木曜で休診日でしたが先週に続き、研究会へ行ってきました。
今夜は僕も講演し、統合失調症の治療薬であるリスパダール内用液の話をいろいろとしてきました。
錠剤や細粒のリスパダールで十分に効果出なかった患者さんに対して、リスパダールの液剤に変更すると効果の見られることがあります。
その効果の違いを薬理学的には十分に説明できないのですが・・・。
しかし実際に服用された患者さんご自身もその効果の違いに驚かれることもあります。
どの薬剤を選択するにも一番大切なのは患者さんの生活の質(クオリティオブライフ)の改善であり、患者さんご自身が『よくなっている』と実感していただけるようにしたいと考えています。
by k_m_c | 2007-05-31 22:12 | 治療薬情報

治験(臨床試験)も行いたいと考えています

こんばんは。
風が強く寒い一日でしたね。
今日は夕方からSMO(Site Management Organization:治験施設支援機関)の方と面談して参りました。
わが国では特に精神科関係の薬についてはなかなか治験が進まず、薬剤後進国と言えると思います。
治療抵抗性統合失調症への適応があるクロザピンがわが国では未だ処方できないのは皆さんもご存知ですよね。
これまで大学病院でいくつもの治験をさせていただいて参りました。
(日本臨床精神薬理学会治験登録医でもあります)
クリニックを開設してからもキチンと治験をできるレベルを保ち、患者さんとともに新しい治療薬の開発を進め、患者さんの治療にお役に立ちたいと考えています。
宜しくお願いいたします。
by k_m_c | 2007-02-02 00:31 | 治療薬情報

品薄問題

去年の年末からですがワイパックス、アーテンなどの精神科・神経科領域のお薬が品薄となっています。
(『ワイパックス アーテン 品薄』で検索するといろいろ出てきますのでご参照下さい)
特に私自身ワイパックスの処方が非常に多くて困ってます。(現在勤務している病院ではダントツのようです・・・)
メーカーから代替品への変更依頼の文書が年末に来ており、現在はできるだけ代替品の抗不安薬への変更を進めています。
(薬剤部へのFAXは来ましたが、我々には何の説明もありません・・・)
幸い他剤への変更でも何も問題ない患者さんも多いのですが、やはり「効きが違う」とか「眠気が出て困る」とかとおっしゃる患者さんもおられます。
中には「ワイパックスでないなら(出さなくても)いいです」とまでおっしゃる患者さんもおられました。
しかし、メーカーのホームページを見ても何の情報もありません。
天国の人生幸朗師匠に『責任者出て来~い!』って言ってもらいたいです!(笑)

冗談はさておき、一番困っているのは処方箋を書く我々医師でもなく、薬剤を調達し、調剤する薬剤師でもなく、服用されている患者さんなんですよね。
当たり前のことですが・・・。
とにかく早く何とかしていただきたいものです。
宜しくお願いいたします。
by k_m_c | 2007-01-28 19:48 | 治療薬情報