人気ブログランキング |


精神科における最新の治療薬情報や僕の独り言を書いてます・・・


by k_m_c

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
独り言
治療薬情報
地域医療
書籍紹介
フルマラソンSub 3への道
フルマラソンSub 3:15への道
フルマラソンSub 3:30への道
フルマラソンSub 3:45への道
フルマラソンSub 4への道
大阪・神戸・奈良マラソンへの道
その他
講演会
学会報告
未分類

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 03月
2018年 11月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 02月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

お気に入りブログ

リンク

ライフログ

検索

タグ

(150)
(148)
(110)
(30)
(27)
(16)
(12)
(10)
(9)
(8)
(7)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:薬物療法 ( 27 ) タグの人気記事

臨床・政治・経済?

c0105280_16445573.jpg


昨日1日だけお盆休みをいただきました。
お盆は例年のように家内の実家にお世話になり、美味しい海の幸と読書三昧でした。
読んだ本のことを簡単に書いてみます。

臨床では「臨床精神薬理 2011年8月号」です。
今月22日から使用可能となる新規抗うつ薬のエスシタロプラム(商品名:レクサプロ)についての特集もあり、非常に勉強になりました。このエスシタロプラムはMANGAスタディでも効果と忍容性(副作用の少なさ)のバランスが良い薬剤であることが示されています。20日には講演会も行って、話を聞いてきます。

政治では「日本中枢の崩壊 古賀茂明著、講談社」です。
時々テレビでもお目にかかりますが、本当に日本のために動こうとされている方です。
御自身が大病をなさっておられるにも関わらずです。
こういった方をずっと干しておいているのは我が国の大きな損失と思います。
詳しくは是非ご一読を!(例によって待合に置いておきます)

経済では「2012年日本経済は大崩壊する 朝倉慶著、幻冬舎」です。
これまで経済については全く無頓着でしたが、昨年ぐらいからいろんな本(辛坊治郎氏、藤巻健史氏など)を読んで少し勉強しています。
借金に借金を重ねるのはどこの国も同じようなんですが、米国よりも我が国の破綻の方が先のような気がします。(こちらも待合に置いておきます)
by k_m_c | 2011-08-16 16:44 | 独り言

今日は講演会でした

今日は夕方に6kmランニングしてから、夜から統合失調症治療薬のエビリファイの話をあれこれとしてきました。
今夜は大阪市大神経精神科医局出身の後輩Dr達に話をさせていただきました。少しはお役に立てたでしょうか?
こうして話をさせていただくと、自分自身の勉強になります。
by k_m_c | 2011-07-28 21:20 | 独り言

やっと復調しました!

先週はずっと咽頭痛と咳、週の後半からは発熱でかなりしんどい状態でした。
特に先週の金曜、土曜の患者様には大変ご迷惑をおかけしました。
今週より通常通りの診療ができるようになりました。

今日は診療終了後、夕方から統合失調症に関する講演会を聴きに行ってきました。
一つ目の講演は国立精神・神経医療研究センターの中込先生で、「潜在化しやすい副作用の把握と解決のための新たな取組み -自記式チェックシート全国集計結果-」の演題でお話されました。
統合失調症の再発の最大要因はやはり薬がキチンと飲めないことです。
我々主治医も患者さんの服薬率を甘く見てしまっている傾向があります。
服薬ができない要因も様々ですが、薬の副作用も大きな要因です。
ただなかなか患者さんからうまく主治医に伝えられないことも多いです。
それを「自記式チェックシート」というツールを用いることで、副作用について主治医に相談しやすくし、より前向きに治療に取り組むことで、再発を減らすことができるのではないかということです。
約一年前から当院でもこのチェックシートを待合に置いてます。
多くの患者さんからなかなか口に出せなかった副作用などを聞き出すきっかけができたのは良かったと実感しています。

二つ目の講演は藤田保健衛生大学医学部精神神経科の岩田教授で、「患者満足度の意義とこれからの統合失調症薬物治療 -抗精神病薬の切り替えによる服薬満足度調査-」の演題でお話しされました。
現実的に統合失調症薬物治療の継続はなかなか難しいことをレセプトデータで示されましたが、その中でもエビリファイが一番継続率が高かったようで、私の臨床経験データと一致していました。
さらにを用いて、他の抗精神病薬からエビリファイへの切り替え後にPOM(Preference of Medicine:薬剤の嗜好)が週を追うごとに上がっていること、12週間後には70%以上が軽度以上の改善を示したことなどの興味深いデータを示されておりました。
POMについては「next challenge pom」で検索してみて下さい。
またNext Challengeには患者さんやご家族の方にも読んでいただきたい情報が多くありますので、是非ともご参照下さい。(上記のチェックシートもこのサイトにあります。)
by k_m_c | 2011-07-16 23:53 | 治療薬情報

ラミクタールの効能効果追加承認

抗てんかん薬のラモトリギン(商品名:ラミクタール)の「双極性障害における気分エピソードの再発・再燃抑制」の効能・効果追加が厚生労働省の薬食審医薬品第一部会にて承認了承されたようです。
私自身は既にてんかんの患者さんにはラミクタールを30例の処方経験があります。
優れた抗てんかん作用に加え、眠気やふらつきなども少なく、良い薬剤と感じますが、さらにてんかん患者さんの気分安定効果も実感しております。
抗うつ薬が使いにくい、あるいは効果を示しにくい双極性障害のうつに効果を期待したいところですね。
あとこれまでの気分安定剤として使用されてきたリチウム(商品名:リーマス)やバルプロ酸(商品名:デパケン、セレニカなど)は催奇形性の問題も大きいため、そのリスクが少ないラモトリギンは妊娠を希望される女性への使用も期待されるのではないかと思います。
唯一注意すべきところとしては、薬疹、特に重症の薬疹(Stevens-Johnson症候群、中毒性表皮壊死症など)をまれに起こしうることがありますので、慎重な増量を要求されます。特にバルプロ酸との併用でそのリスクが高くなると報告されています。

またバルプロ酸との併用あるいはバルプロ酸からの切り替えの場合にはラモトリギンの半減期延長による血中濃度上昇に注意し、少量からの投与が必要となります。
(てんかんにおけるラミクタールの用法・用量の詳細についてはグラクソ・スミスクライン社のラミクタールインフォメーションというサイトをご参照下さい)
バルプロ酸を服用されているてんかん患者さんの場合はラモトリギンを上乗せ(併用)となるのですが、バルプロ酸を服用されている双極性障害の場合は基本的にはラモトリギンへの切り替えとなると思いますのでもう少しそのあたりをいろいろと勉強してみます。

てんかんの場合のバルプロ酸からラモトリギンへの置き換えについては下記文献が参考になると思います。
1.臨床精神薬理 14:623-624、2011
2.Epilepsy Behav. 6:63-70、2005
by k_m_c | 2011-06-02 09:25 | 治療薬情報

レクサプロ(一般名:エスシタロプラム)承認

厚生労働省は4月22日に新規抗うつ薬としてレクサプロ(一般名:エスシタロプラム)を承認したと発表しました。
我が国の抗うつ薬としては4番目のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の一つであり、以前紹介したMANGA Studyでは効果と忍容性に優れたプロフィールを持つことを示されておりました。(escitalopramと書かれたところです)
c0105280_17374040.gif

まだ発売前ですが実際にはどうなのか興味あるところです。
by k_m_c | 2011-04-26 17:38 | 治療薬情報

てんかんと自動車運転-その2-

この前の日曜日のことです。
自宅から少し離れたファーストフード店でお昼を食べて帰る時に、当院に去年秋からてんかんで通院されている患者さんが自転車ですれ違うのを見ました。
まだ未治療であった患者さんにてんかんという診断を伝え、治療を開始しましたが、その際に当然ですが車の運転についても確認しました。
すると自宅から職場には車で通勤しているとのことでした。
前記の判断基準などを説明し、「生活面で不便もあると思いますが、自分自身、家族、他人を不幸にしないためにもまずは2年間発作が出ない状態となるまでは車の運転は自粛しましょう。」と伝えました。
その後の診察では「車は乗っていない」と話されていましたし、この前の日曜日にすれ違った場所はご本人の勤め先の直ぐ近くであり、約束を守って「自転車通勤」されているんだと判りました。
とても嬉しかったです。

以前紹介した僕の好きなことわざの一つです。
Heaven helps those who help themselves.
和訳は『天は自ら助くる者を助く。』です。

ちなみにこの患者さんは現在一剤目の薬では十分に発作を抑制できませんでしたが、二剤目に新規抗てんかん薬のイーケプラを追加してからは発作抑制できています。
まずは2年間発作抑制を継続できるようにと思います。
by k_m_c | 2011-04-21 09:00 | 独り言

てんかんと自動車運転-その1-

栃木県で登校中の小学生の列にクレーン車が突っ込み、児童6人が死亡したという悲しい事故がありましたが、その運転手がてんかんの発作で突然意識を失い、事故を起こしてしまったようです。(平成23年4月21日Asahi.comより引用

てんかんの患者さんも適切な治療により、約8割は発作を抑制できるといわれています。
下記の4つのどれかを満たしていれば、運転免許を許可されますので、それが治療目標の一つと考えます。
①過去に5年以上発作がなく、今後発作が起こるおそれがない。
②発作が過去2年以内に起こったことがなく、今後、X年であれば発作が起こるおそれがない。(X年後に診断書又は臨時適性検査)
③1年の経過観察後、発作が意識障害及び運動障害を伴わない単純部分発作に限られ、今後、症状の悪化のおそれはない。
④2年間の経過観察後、発作が睡眠中に限って起こり、今後、症状の悪化のおそれはない。
てんかん研究 2002;20:135-138より一部改変し、引用

上記の判断基準にしたがって、てんかんの患者さんにはやや厳しい助言をしております。
他人だけでなく、自分自身や自分の家族を守るためにも少し我慢が必要となることもあります。
それをサポートしていくためにも、より良い抗てんかん薬治療を患者さんと一緒に考えております。
by k_m_c | 2011-04-21 08:40 | 独り言

よくわかる抗うつ薬

少し前まではこのフリップでよく説明していました。
c0105280_529293.jpg


フリップでもわかりやすいと好評でしたが、さらに最近ではPowerPointのアニメーションで説明しております。
最近ちょこちょこあるパターンとしてSNRI(セロトニン-ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)のサインバルタで効果が不十分な患者さんにNaSSA(ノルアドレナリン作動性-選択的セロトニン作動性抗うつ薬)のレメロンを追加する際の説明です。
この動画ではナレーションは入ってませんが、診察では説明を加えながら、見ていただいております。
SNRIやSSRIなどの再取り込み阻害薬は「風呂の栓をしっかり閉める」、NaSSAは「風呂の給水蛇口を大きく開ける」といった例えで「風呂の水をためる」(神経伝達物質を増やす)という説明などもしています。



私自身基本的には抗うつ薬は単剤で使用しております。
安易で、薬理学的に説明のつかない抗うつ薬の併用はすべきでないと考えておりますが、どうしても単剤治療で十分な効果が得られないケースでは上記のような増強療法は薬理学的にも合理的な併用療法として選択肢の一つと考えています。
海外でもベンラファキシン(我が国では未承認)のようなSNRIなどにNaSSAを上乗せすることをCalifornia Rocket Fuelと言われているのも以前ご紹介したことがありました。

現在、「よくわかる抗精神病薬(統合失調症治療薬)」のパワーポイント版の作成を構想中です。
仕上がったらアップしたいと思います。
by k_m_c | 2011-04-07 05:45 | 治療薬情報

よくわかる抗てんかん薬

c0105280_18552187.jpg
最近は患者さんに薬を説明する時に少し前まではこのようなフリップを用いて説明していました。
しかし何か判りにくんじゃないかと思い、今回パワーポイントのアニメーションを利用して作成してみました。
一例を挙げます。




c0105280_18562836.jpg
最初はこんな感じです。















c0105280_18571155.jpg
AさんがデパケンR(VPA)を飲んでいるとします。
その作用機序はとVPAをクリックすると、作用部位のナトリウムチャンネル、カルシウムチャンネルを抑制し、GABA神経系増強に働くというのが出ます。







c0105280_18574729.jpg
でもVPAだけで十分発作が治まらない時、イーケプラ(LEV)を追加しようとします。この時にLEVをクリックするとSV2Aという部位とカルシウムチャンネルに作用するというVPAとは異なる作用機序で効果を期待するという説明ができます。


池上彰氏の本も沢山読んで研究しました(笑)
しかし、僕的には「ちょっと工夫でこのわかりやすさ-抗てんかん薬編-」という神田川俊郎氏のフレーズの方が馴染めます。
ちょっと古いですかねぇ・・・(笑)

あと抗うつ薬の作用機序も以前はフリップだったものを最近はパワーポイントのアニメーションで説明しています。
また次の機会にアップしてみます。
by k_m_c | 2011-03-31 19:01 | 治療薬情報

新規抗てんかん薬イーケプラの使用状況

今年になってランニング/マラソンネタばかりで失礼しました。
c0105280_7245629.jpg
少し前の朝日新聞(1月13日朝刊)で新規抗てんかん薬のことが出ていましたね。










去年秋から我が国でも使用できるようになった新規抗てんかん薬イーケプラの使用状況を簡単にまとめてみます。
7名の方に処方開始しました。
2名が開始間もないため(500mg/日-1名、1000mg/日-1名)、現時点では効果判定不可。
3名の方が発作頻度の減少。(1000mg/日-1名、2000mg/日-2名)
1名の方が大きな脱力発作が消失し、僅かなミオクローヌス発作のみに減少。(1000mg/日)
1名の方が現在発作消失。(1000mg/日)
特に問題となる有害事象はなく、中止例も今のところありません。
概ね効果および忍容性とも良好と感じます。

少し前に米国在住の方より、お子様がKeppra(=日本のイーケプラ)を開始されたとうかがいました。
その後の経過は如何でしょうか?
現在は我が国での新規の抗てんかん薬は既存の薬に効果がない場合に上乗せという形でしか保険適応となっていないのですが、我が国でも早く最初から単剤で新規抗てんかん薬が使えるようになればと思います。

新規統合失調症治療薬のインヴェガも適応と考えられる患者さんに少しずつ開始しています。
今暫く経過を見たいと思っております。
by k_m_c | 2011-02-02 07:26 | 治療薬情報